ゆう設計アトリエ トップページ | ブログ | リンク | サイトマップ 
業務内容 設計について 設計例 プロジェクト 事務所のご案内 お問い合わせ
設計の進め方
 トップページ > 設計について > 設計の進め方

設計の進め方

・打ち合わせの流れ
新築、リフォームの場合
基本案の提案依頼
正式な設計依頼
まずは気軽にご相談(メールでも)ください
 
・建物を建てる際の事前の相談(建築費用や設計料、今の敷地に建て変え可能か、
 新築かリフォームか等)
・とりあえず設計者に会ってみたい、話を聞いてみたいなどなどでも結構です
・色彩心理や風水について興味がある方もぜひどうぞ。風水鑑定なども行います。
・設計の内容や進め方などの相談

新築やリフォームの話に至らない場合も簡単なアドバイス、提案等行います。
御要望でお伺いして視察する場合には、実費をいただきます。


新築、リフォームの場合
 
・具体的な要望、住まい方の希望、今後の目標 など
・予算、敷地についてなど
・イメージ写真によるイメージの確認

事前に資料など御用意願います。
※ここまでは費用は発生しません


基本案の提案依頼があった場合
 
・敷地調査、法規等情報収集(役所にて)
・プランの検討および基本案の提案
・全体の形がわかる程度の模型の作成 
※この御提案には5万円必要となります

正式に設計依頼があった場合

■ まずは設計契約を結んでいただきます
基本設計期間
2〜3ケ月
 
・平面、立面、断面など、建物の基本的な形を決めます
・模型やパースで室内と外観のイメージを確認してもらいます
・冷暖房(床暖房や換気なども)や必要な設備を想定します
・上記のことがまとまると、おおまかですが工事費を算定します  
   
実施設計期間
2〜3ケ月
 
・より詳しい図面をつくります(実際の工事ができるような図面)
・室内や外観の創り方がわかるような模型やパースでの打合せ
・床材や壁の仕上げなど、より具体的な仕上を決めます
・冷暖房や照明、キッチンや浴室など、実際に設置する設備を決定します
   
見積り期間
2〜3週間
 
・施工してもらう会社(候補)に見積り依頼(通常3社程度)
※信頼できる1社に限定し、最初から予算枠の中で設計を進めるというやりかたもお薦めです。
   
見積り調整期間
2〜3週間
 
・出て来た見積書を公正に比較検討し、予算に合わない場合は減額案を検討 し、調整して予算内に納めていきます。ここで最終的に1社に決めます。
※期間については物件毎に違いますので、あくまで参考とお考えください。また、これと前後して確認申請の期間が必要になります。
■ 引き続き施工会社との工事契約となります
工事着工
 
・地鎮祭をとりおこないます。
・完成引き渡しまで、現場監理をおこないます(基本的に1週間に1回程度の定例会議をします)
・お施主さまとの現場打合せ(必要に応じて現場打合せをお願いしてます)
   
上 棟
 
・建物の基本的な形の完成(木造や鉄骨造は屋根が出来た時、コンクリート造は最上階のコンクリート打ちが完了した時がめやすです)
・上棟式を行います(これは省略される事もあります)
   
竣 工
 
・建物の完成です。(施主による検査、設計者による検査、役所の検査)
・カーテンの取付け、別途家具等の設置などを行ってもらいます。
・竣工写真撮影、内覧会 等をお願いすることがあります。

■ 引渡し後(入居後)のことについて

・1年後の検査

 1年経過すると建具や仕上げ、設備の状態が安定してきます。この時期に全体的に検査をし、不具合の箇所を
 直していきます。それ以外で生活の中で気になる点があれば、それについても確認していきます。



・2年後の検査

 御要望があれば、1年目の検査で出てこなかった点や気になる部分の検査をします。



・5年後くらい

 5年くらい経過すると、設備などの手入れが必要になってくる時期になってきます。
 それ以外でも、塗装の塗り直しやクロス、他の仕上の見直しなどについて、お話を伺い、必要であれば手配を
 します。(工事は有料になります)
 大まかな話ですが、5年毎くらいに設備のメンテや仕上げの補修(塗装の塗り替え)などを行うと、比較的効
 率的です。やはりこまめに手入れをしておくことが、結果的に建物を長くきれいに使うための秘訣です。

・以降適宜実施させていただきます
 また、住まい方や家族構成の変化に応じた御相談にも応じます。



※以上が設計から工事、竣工までの主な流れとなります。
 ただし、それぞれの作業や工程に要する期間は、工法、場所、予算や打合せの経緯によって異なります。
 最近は確認申請の期間が不確定という事もあり、あくまで大まかな流れの目安としてお考えください。